足もみYURARI

若石リフレクソロジー&自力整体~YURARI~

カテゴリ:

楽楽展のときの夕餉でいただいた酵素玄米がとても美味しかったので、わが家でも作ることにしました。レシピはクックパドのものを参考に。

玄米・・・4合
小豆・・・3分の1カップ
天然塩・・・小さじ1
ミネラルウォーター・・・600cc

玄米と小豆を洗ったら、材料を全部ボールに入れ
image
8分間、ホイッパーで右回転にグルグル
image
終わりました。濁った水にも栄養分が含まれるそうなので、水ごと炊飯器へ
ミネラルウォーター400ccとこちら
image
雑穀米を入れて玄米コースで炊きます
1日1回混ぜる。3日目から酵素が出てきて、10日くらいで食べきるのが良いそうです
rps20130508_204932
3日目
rps20130514_081022_265
10日目
残ったものは小分けにして冷凍しました。
炭水化物をほとんどとっていませんでしたが、酵素玄米ができてからは毎日頂くようになりました。なにせ美味しい、満足感がある、体調が良い、最高です
image
お揚げ入りのお味噌汁とお新香
これだけでシアワセ~

酵素玄米、塩昆布、納豆、温泉卵
ほかに何が必要というのだろうか、いや、ない

子どもはそういうわけにはいきませんが、オムライスにしたらパクパク食べていました。

炊飯器を10日間保温状態なのになぜお米は固くならないのか、来月の電気代はいくらなのか
少々ギモンは残りますが、これは続けていきたいなと思います




わが家では塩麹は塩代わりなので、酵素玄米作りにも使ってみました。
また、8分間混ぜる作業がやりやすいように、前回より玄米を少なめにしました。

レシピ覚え書
玄米・・・3合
小豆・・・30グラム
塩麹・・・小さじ1
水・・・650cc+60cc(雑穀米用)
雑穀米・・・一袋
酵素玄米で
塩麹のラタトィユ丼 

私には、根は優しくて力持ちイカの塩辛や煮卵、モツ煮込みを作るマメな兄がいます。本人は簡単だといいますが・・・塩辛のハードルは高い!
塩麹も酵素玄米も、1日1回混ぜるだけでOKなので、私に合っているようです

サロンでお会いした方に「トマトジュースを毎日飲むようになって、アンチエイジングの効果を確実に感じる」というお話を伺い、トマト、リコピンについて調べてみることにしました。

こんな面白いサイトがありました→トマト大学(カゴメのホームページにあります)
トマトのことを学ぶにはもってこいですね!

トマトの赤い色素は「リコピン」という成分
生活習慣病の原因となる活性酸素を消去する抗酸化作用や、紫外線によって生じるメラニンの生成を抑える美白効果があるとのこと。これからの季節、紫外線対策にもいいですね!

ちなみに、こちらのトマト検定試験を受けてみたところ15問中11問正解の準一級でした(´- `*)
image

さて、私もトマトジュースでリコピンを取り入れていきたいところです。どの製品が良いのでしょう。砂糖、食塩不使用のものがいいです。

リコピンを一番摂れるトマトジュースを、時間をかけて綿密に計算し調べたひとがいました。
(ブログで紹介されていました。勝手にリンクをはってよいものか判らず、こちらには載せませんがツイッターでつぶやきます)
それはこちら、伊藤園の理想のトマト
image
アマゾンでさっそく。一日に摂るとよい分これくらい。
睡眠中に成分が働くので、夜に飲むと効果的だそうです

久しぶりにミキサーを使いスムージーを作りました。
image

冷凍バナナ、冷凍メロン、アボカド、レーズン、豆乳、シナモン、ラム酒

これはアイスクリームですね
夏に美味しい…
最近少々胃腸が疲れ気味だったので、今日は果物だけで過ごすプチ断食?みたいなことをして、明日のまちYOGA in タカラ湯に臨みます。

どんな方たちとお会いできるのでしょう
銭湯で自力整体ができるなんて
と、ワクワクしています。
明日はよろしくお願いいたします!

『ウエストラインはキープしたいですね』という自分の寝言で今朝は目が覚めました。夢の中で自力整体していました。 9月も半ば、朝晩涼しくなりましたね。
夏の暑い間は少しお休みしていた酵素玄米、再開しました。
今は便利なものがあるのですねー水洗い、水戻し不要の芽ひじきを入れて炊きました。

レシピ覚え書
玄米・・・3合
小豆・・・30グラム
塩麹・・・小さじ1
水・・・670cc+60cc(雑穀米用)
雑穀米・・・一袋
芽ひじき・・・適量
image
酵素玄米を食べていると、身体がポカポカしてお通じにも磨きがかかります。
食欲の秋に向けて、旬のものを取り入れていきたいです

↑このページのトップヘ